悪徳業者に注意して外壁塗装を依頼しよう!

太陽光から多くの電気を

住宅

変換効率の高まりと軽量化

太陽光発電システムでは、無限に降り注いでくる太陽光から電気を生み出すことができます。しかも原子力発電や火力発電と比較すると、環境に与える負担が少ないということで、現在では世界中で太陽光発電システムの導入が積極的に進められています。そして日本では、特に埼玉の戸建て住宅での導入が盛んとなっています。年間の日照時間の長さが、全国の都道府県でナンバーワンという埼玉では、それだけ効率の良い太陽光発電ができるからです。具体的には埼玉では、立地条件や太陽光パネルの設置面積にもよりますが、年間に5000kWの発電量が期待できます。家庭での電気の年間消費量もほぼ同じなので、埼玉で太陽光発電システムを導入すれば、電気料金が実質無料となる可能性が高いのです。もちろん節電に努めて消費量を減らせば、余った電気を売って利益にすることも可能となります。さらに昨今では、集めた太陽光の約20%を電気に変換できるという、高性能な太陽光パネルも選択できるようになっています。変換効率が15〜17%という従来の太陽光パネルよりも、多くの電気を作り出すことができるため、注目されています。また、屋根に与える負担が従来のものよりも10%ほど少ないという、軽量型の太陽光パネルも選択可能となっています。これは軽い分、古い戸建て住宅の屋根にも比較的スムーズに設置できます。このように、太陽光パネルの選択の幅が広がったことが、埼玉での太陽光発電システムの普及率を一層高めていると言えます。